FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 簡単に見れば、米国を中心とした北に対する制裁の強化やら、もしかすると軍事展開もあり得ると思わせた成果だと思いますな。
 しかも、ころころと人事を変えるトランプ政権が、外交強硬派であり、フセインを葬ったボルトン氏を補佐官に採用したのも、金正恩がビビりまくって、急遽、中国に泣きついた要因という所なんだろう。

 しかし、中国の習近平はものすごく金を嫌っていたという話なんだが、なぜ急な話にもかかわらず急接近なのか?
 その辺の裏事情は、習側にも深刻な事情があった様だ。

 まあね、毎日のように中国のどこかで暴動が起きているような国だもんな。
 ロシアの工作が効く、満州辺りがきな臭くなってくる恐れを考えれば、安心して寝むれない夜もあったかもしれないのも容易に想像できる。
 北を取り敢えず抑えて、そういう不安に釘を効かせる必要もある訳だ。

 それに加えて、金側からの貢ぎ物か?
 金は、自国の資産の切り売りで難局を乗り切ろうとしている。
 悪党同士の取引なんだな。
 決して平和的な外交行為なんかではない。

 まともな国際感覚でとらえる訳には行かない話だが、河添氏は何でここまで詳しいのかねぇ。

 河添恵子 金正恩が焦って極秘訪中した裏事情を暴露!TVが報じないアジア情勢の実情 20180330 上島嘉郎
 

しかし、安倍さん以外で、こういうのにちゃんと対峙できる人物っているのかね?
 ましてや、クソみたいな野党には絶対無理な話だし、安倍辞めろって言っているパヨクって本当にお馬鹿だよな。




【2018/04/01 08:44】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック