自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 この記事、朝日新聞は、大衆に告げ口でもした気になっているんでしょうかねぇ。

 元自民議員の学長「テレビ局を中韓の局が乗っ取り」
 http://news.livedoor.com/article/detail/14666728/

 「以前は一部だったが、今は中枢にいるんですよ。日本人、何やってるんだと言いたい。この人たちとの戦いだということです、憲法改正は」

 元自民党議員で、九州大学学長の西川京子氏が改憲派の集会で述べたお話ですが、全く正しい指摘なんですな。
 むしろ今までそういう意識を持って見て来なかった事が問題なんですな。

 NHKの事だと思いますが、まあね国営放送じゃないもんだから「独立性」なんて概念が必ず働き、時の政府のバイアスが働きにくくなるような仕組みになっている様なんですが、大陸半島勢力は、そこに巧みに取り入って今の状況を生み出しています。
 そりゃあね、国際平和を引っ提げて、テナント料でも払うふりでもすりゃ、NHKだって断りにくいのかもしれませんな。

 民法では、「資本」という形で入り込んでいますね。

 外資の規制がある様なんですが、なんだか、なし崩しなのか、守られていないようです。

 かくして、中韓は「スパイ目的」を隠して、そうやってメディアに潜り込み、工作活動を行っている・・というのは全く正しい解釈です。



【2018/05/04 08:40】 | マスコミ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック