自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 今、ものすごい勢いでばら撒きやっていますな。
 補助金てやつです。
 国の出先機関から統括されている民間機関であるところの地方の商工会とか、独立行政法人とかから手を変え品を変え、例えば雇用だったり、物作りへの支援だったり、インバウンド事業だったりね。

 財源は、あんまり詳しくは無いんですが、例えば失業保険のための予算なんか、この凄い失業率の低下で有り余っていますね。
 ですから、雇用系の補助金は相当な規模になっているはずです。

 しかし、事業者みんながみんなもらえる訳ではありません。

 ばらまきはある程度の効果はあるとは思いますが、米国並みの「減税」や、大幅な財政出動に叶うはずはありません。
 あまねく国民全部に平等に行き渡る物であるべきですよね。
 消費税撤廃と、国債発行による国家の未来に対する投資として、社会インフラ整備、教育、防衛予算の拡充を強く訴えたいと思います。

 そうすれば、あっという間にデフレから脱却し、物価上昇目標も達成、一般の税収も大きく上昇し、財政再建は成し遂げられます。
 日本は今の所倒産しません。
 よしんば倒産したとしても、今の米国を見て下さいよ、世界でもっとも景気の良い国になっています。
 国家は、一般の法人とは全然違います。
 ましてや、家庭の家計に例えるなんて愚の骨頂です。

 






【2018/05/18 09:31】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック