自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 ネットで大炎上…前川喜平氏めぐる『笑ってはいけない議事録』 専門委員「やくざの言葉遣いやめて」
 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180518/soc1805180008-n1.html

 この記事を読むと、やっぱり前川喜平はまともじゃなかったという事がよく解ります。
 どこかネジが一本足りない様なかんじですな。
 思考が停止して柔軟力がないというか何と言うか。

 しかしそういう彼が、事務次官になれた事がそもそもおかしいですな。

 最終的な人事権は内閣にあるとしても、そこまで押し上げて来るのは霞が関の組織内部の事情のはずです。
 霞が関のシステム自体に齟齬が生じているという事なんでしょう。
 有害物を感知するセンサーが壊れているとかね。

 組織の中に、自らの組織を壊してしまう因子が存在するという、生物に例えれば癌細胞のようなものでしょうな。

 いや、癌細胞は外に出れば死にますが、前川は生きていて、いまだに毒をまき散らしています。

 そう、毒性を持つ寄生虫と言ったところでしょうかね。

 早いとこ駆除した方が良いと思うのですが、この前川クォリティーが外にも蔓延している部分があって、そこで生存していますから始末に悪いんですね。






【2018/05/19 08:14】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック