FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 確かにほめて育てる事は良い事だ。
 今更・・の感がある。

 問題なのは、こういう記事に一元的に反応してしまう「馬鹿親」が多数いるから困り物なのだ。
 「ほめれば良い」「叱るのは悪い」・・と言う図式になってしまう親が多い。

 ほめる事と叱る事は相反する事ではない。
 両方人間性の確立になくてはならない事なのだ。
 アカデミックな解釈は時として、大衆の偏向を生む事になる。

 この記事はあくまで「研究結果」と言う解釈なんだが・・。


 引用です。
ほめられる子は思いやりも育つ…科学の目が初めて証明
homeru

 乳幼児期に親からよくほめられる子供は、他人を思いやる気持ちなどの社会適応力が高くなることが、科学技術振興機構の長期追跡調査で明らかになった。育児で「ほめる」ことの重要性が、科学的に証明されたのは初めて。3月7日に東京都内で開かれるシンポジウムで発表する。

 筑波大の安梅勅江(あんめときえ)教授(発達保健学)らの研究チームは、2005~08年、大阪府と三重県の計約400人の赤ちゃんに対し、生後4か月、9か月、1歳半、2歳半の時点で成長の度合いを調査した。調査は親へのアンケートや親子の行動観察などを通して実施。自ら親に働きかける「主体性」や相手の様子に応じて行動する「共感性」など、5分野25項目で評価した。

 その結果、生後4~9か月時点で父母が「育児でほめることは大切」と考えている場合、その子供の社会適応力は1歳半時点で明らかに高くなった。また、1歳半~2歳半の子供に積み木遊びを5分間させたとき、うまく出来た子供をほめる行動をとった親は半数程度いたが、その子供の適応力も高いことも分かった。

 調査では、〈1〉規則的な睡眠習慣が取れている〈2〉母親の育児ストレスが少ない〈3〉親子で一緒に本を読んだり買い物をしたりする――ことも、子供の適応力の発達に結びつくことが示された。

(2009年2月28日14時40分 読売新聞)

【2009/02/28 15:37】 | 日々是好日
トラックバック(0) |


duca-me
φ(.. )メモメモ
うちは叱りすぎかな?(爆)>頑固おやじなもんで(^^;)
呼んでも返事しなかったり、約束を破ったりすると怒っちゃいます(爆)


おっさん
 それで正解!
 厳しく叱るのは9歳位までですね。
 それ以降はビシッと言うだけでOKになります。
 そして反抗期は本音のぶつけ合いです。
 そこを過ぎると大人の付き合い・・です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
φ(.. )メモメモ
うちは叱りすぎかな?(爆)>頑固おやじなもんで(^^;)
呼んでも返事しなかったり、約束を破ったりすると怒っちゃいます(爆)
2009/03/01(Sun) 00:09 | URL  | duca-me #-[ 編集]
 それで正解!
 厳しく叱るのは9歳位までですね。
 それ以降はビシッと言うだけでOKになります。
 そして反抗期は本音のぶつけ合いです。
 そこを過ぎると大人の付き合い・・です。
2009/03/01(Sun) 08:20 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック