FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 
 「中国はトランプ大統領の決意を過小評価」 米政権高官が中国製品に関税課す制裁措置を擁護

 http://www.sankei.com/economy/news/180620/ecn1806200019-n1.html

 トランプは強烈ですな。
 いきなり中国製品に25%って、やっぱり乱暴な気がします。
 中国も相当面食らっているとは思いますが、まあトランプのブラフだという事に落ち着くと思うんですがねぇ。
 中国製品に関税を掛けるってぇ事は、その分は消費者が負担するんであって、もしそれが原因で輸入が減り、米国内の製造業がはたして元気になるのか?

 振り返って、日本がもしそうしたら?
 小ロットの製造業は国内に回帰しますね。

 ある程度のロット(2000個以上・・みたいな)になると、中国でダメならほかの東南アジアにシフトしますな。
 米国がいま中国から輸入している品目って、今では米国内で作れないものも多いんじゃないかと思います。
 とすると、米国内の供給が落ち込み、インフレ状況になって行きますな。
 金利を上げ始めた米国には強烈な追い風になって行くんでしょう。

 ま、世界的にデフレマインドですから、それはそれで良いのかも??

 模様眺めですね。

 と前置きが長くなりましたが、(前置きかい)

 経済も含めて、二大国が対立構造を強めて行くという状況です。
 相手のパワーを見極めながら、微妙なバランスを見出して行くという、外交及び内政に気を使って行く事になるのでしょう。
 
 中国は、軍事でそのパワーを上げて行こうと目論み、結果を「覇権」と言う形で表そうとしています。
 その根源に、「世界からの投資」 があった事を忘れたかのようにね。
 世界の投資が、中国から手を引けば?

 間違いなく、急激に中国経済は減速し、軍拡も止まるはずですな。
 一帯一路構想も、場当たり的で高金利体質で、サラ金みたいなものだと聞きます。
 中国が、借りた金を高利でまた貸しし、返せないとなると港を取り上げたりとか、やり口はやくざそのものです。(スリランカとか)

 こんな中国に将来はあるのか?

 ま、先が読めれば世話無いですがね。

 そんな状況下での半島情勢ですが、南北統一が徐々に進んでいる間は、どうしても中米の綱引きになってしまいます。
 いま、分かれているからバランスが成り立っていますが、統一されればそうはいきません。

 統一朝鮮が、したたかに米中間を渡り合えるか?
 
 今は、間違いなく中国寄りですね。

 中朝よりで突き進む韓国。
 
 【新・悪韓論】韓国、保守政党ついに死滅で奈落の入り口… 左傾化路線が急進展、日米ブロックと“決別”も
 
 いっそ泥舟中国と一緒に沈んで行ってもらいたいものですが、そうは簡単には行かないのでしょう。

 そして、米中朝韓すべてが、日本の「円」を狙っています。

 



 日本が我が国の「円」を守るとすれば、「孤高」になるしかありません。
 その為には、少しずつ「重武装・中立」への道を歩むべきです。





【2018/06/21 09:22】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック