FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 中国の台頭は、米国を中心としたグローバリズム資本が育て上げた結果だ。
 アフリカからEUにあふれる様に移動している経済難民=移民も、ある意味グローバリズムの弊害だ。
 EUそのものが、戦争を招く原因が国境であると結論付け、人・金・物の流れを自由化してしまった形だが、それもグローバリズムの一つの形だ。

 「日本もそうあるべき」と唱える人達がいる。

 それを利用し、国際競争力を確保する」とうそぶき、人件費を抑える理由で移民を容認しようとする人達がいる。

 そういう連中が、日本を破壊する。

 スラムと化した現在のパリだそうだ。

 パリの難民


 明日の東京だ。


 神代より、営々と築いて来た日本の国家像は、単に四方を海に囲まれているという理由だけでなく、四季の恵みと頻繁に起きる災害により鍛えられた豊かな精神性と、水田耕作の水の司りから醸成された「公」の精神が他国からの侵略を排除して来たものと思っている。

 それらを捨ててまでも、我が国は移民を受け入れる必要が果たしてあるというのか??





【2018/06/30 08:17】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック