FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 高橋洋一氏のお話は、いちいちちゃんと腑に落ちる。
 財務省の予算配分にしたって、誰がどう決めて「選択と集中」なるものが発生しているのか?

 結果が解らない基礎研究の成果が、今回のノーベル賞受賞だった訳だが、だいたい世の中なんて明日の事すら誰も解らない。

 研究成果にとどまらず、世の中に出回っている様々な商品にしたって、果たして何が売れるか?何が当たるか?なんてのは誰にも解らないし、解れば苦労しないのよね。

 だから、官僚が上から目線で「選択と集中」を行い、自分達の思い込みや思惑で差配しているのは大間違いなんだな。

 ノーベル賞受賞・本庶教授「ばらまき」発言のウラ 官僚が研究資金の「選択と集中」できるなんてウソ
 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/181010/soc1810100002-n1.html








【2018/10/11 08:33】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック