FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 しかも、対中傾倒を続けるルノー叩きだという。

 ルノーは、事実上フランスの国営企業みたいなもんだから、トランプ氏の仏中叩きだという事になる。

 ま、でっち上げで失脚させた訳ではなく、実際に大きな罪を犯していた可能性を疑われているからであり、たまたまその背景に国際的な思惑の対立構造があったという事なんだかな。

 しかし、トランプ大統領の中国嫌いは徹底しているね。

 不謹慎覚悟で、そこから色んな膿が出て来るのがすこぶる面白い。
 グローバリズムが、実は共産主義であり、その大きな渦の中心は中国である事や、日本のサヨクは、完全に大陸半島のバイアスが掛かっているという事も、はっきりと浮き彫りになった。

 しかし、ソフトランディングがあるとすれば、中国の民主化しかないのだろうな。
 遠い道のりだが、台湾の政情も今後不安定になって行きそうだし、あべさんにはしっかりと日米の関係を強めながら中国の首に鈴をつける位の仕事をしてもらいたいもんだ。

 トランプ氏激怒!? 「ゴーン斬り」に隠れた国際事情…米仏一触即発か
 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/181124/soc1811240005-n1.html





【2018/11/25 08:48】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック