FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 そういえばありましたな。
 アジア金融危機の時に、日本は凄まじいと言って良い程の防衛策を取って、世界のハゲタカファンドを退けました。

 「日銀砲」と呼ばれて、今でも語り草になっております。
 日銀の円の買い支え、と表向きはあくまで政府の直接介入ではないという事になっているようですが、事実上は政府の持つ外国為替資金特別会計からの資金ということが判っています。

 曰く「外為特会」は、いまや130兆円の巨額が用意されていると言います。

 しかし、政府の為替介入は直接だろうが間接だろうが、今や禁じ手です。
 トランプ大統領も中国の為替操作に激怒っていう感じで、いまの米中貿易戦争に繋がっています。

 日本は為替条項を懸念 金融政策縛られる懸念

 日本の、世界最大の為替介入資金が、バレバレにならない訳がありません。

 使えない資金の積み重ね程馬鹿馬鹿しいものはありません。
 
 野党は、そういう所こそ突っ込まなければならないのにねぇ。

 かと言え大事な虎の子ですから、外国資本に吸い上げられない様にしてもらいたいもの。

 先ずは、国民の沙汰になる様に表に出しましょう。
 「増税の必要なんかないじゃん!!!」ってね。

 上念司、言いまくっています。

 





【2018/12/24 09:03】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック