FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 米中経済戦争で、悪い方向に向かうとすれば戦争!と考えるのは、現代では無理がある。
 国を維持するために必要な物が経済であり、それを司る政府だとすれば戦争は明らかにヤバイばくち行為だ。

 一つの読みとして、米国依存、あるいは世界に対しての輸出依存を、中国が一旦保留し内需依存に向かったらどうなるだろうか。

 確かに資源の少ない国だが、かつての日本もプラザ合意を受け、急激な円高による輸出の激減を金融緩和によって内需型に転換し、バブル経済に突入した経緯がある。

 中国が、あの人口を活かし内需型の経済エンジンを廻すことが出来たら?
 しかも、選挙の無い一党独裁での半統制経済でそれをやったら?

 米国を凌駕する帝国が誕生する恐れは十分にある。

 中国は、民主化による分割統治に向かわせなければならないという事だ。

 






【2019/05/15 10:16】 | 外交
トラックバック(0) |


詠み人知らず
杞憂だと思いたい。自国のものに対して自負心が極端に無い国民性がプラス材料かと…。党が強制的に押し進めてももう猫にはならないと思います。常に警戒心は必要ですけど。


ヤマ親爺
まっとうなご意見だと思います。
しかし、あの北京五輪の聖火リレーなんかを思い起こしますと、危なっかしい部分も捨てきれない様な気もします。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
杞憂だと思いたい。自国のものに対して自負心が極端に無い国民性がプラス材料かと…。党が強制的に押し進めてももう猫にはならないと思います。常に警戒心は必要ですけど。
2019/05/15(Wed) 19:02 | URL  | 詠み人知らず #-[ 編集]
まっとうなご意見だと思います。
しかし、あの北京五輪の聖火リレーなんかを思い起こしますと、危なっかしい部分も捨てきれない様な気もします。
2019/05/15(Wed) 20:11 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック