FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 トランプ大統領は、「自国は自国で守れ」と言っている。
 全く正しい事なんだがね。
 大戦後、日本に絶対歯向かわせない様に骨抜きにする必要があり、武力を持たせなかった。
 それが、ソ連の膨張主義と朝鮮戦争で一辺、表向きは自衛隊とし、日本を東西冷戦の防衛ラインとした。


 しかし、もうその戦後は終わった。

 米国の圧倒的優位性も傾いた。

 世界は大きな経済戦争を迎え、その優劣は事実上武力とはまた違った形で付けられる世の中になった。
 IT、5G、AI等と言う電子戦になって来たんだな。

 武力という金のかかるのは、極力抑えたいと思っているのがトランプ大統領の本音なんだろう。


 日本の防衛費、GDPの1%というのが気に食わないんだな。
 世界の趨勢は2%だ。
 となると、日本はもう5兆円防衛費を上乗せしなければならなくなる。
 国内でやれば、しっかりとした経済対策になるし、(防衛費は武器のみならず、建築、繊維や木工など、すそ野が広い)米国から武器を買えば貿易均衡から言っても、決して悪い事じゃない。

 本当は、核を持つのが一番安価な武力(抑止力)なんだがね、今の日本では到底国民の支持は得られないだろうな。


 ま、そういう話とは別にして、私はこのトランプ大統領の意見には賛成だ。

 トランプ氏、衝撃ツイート「ホルムズ海峡、自国で守れ!」 日本と中国“名指し”警告で波紋…発言の真意は?識者が分析


 しかし、長い目で見ると、世界の米国に対する求心力は、次第に弱まって行くだろうね。



【2019/06/26 07:41】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック