FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 とにかくマスコミは総理とかになったとたんにバッシング感覚なんですよね。
 一番かわいそうだったのは何といっても阿倍さんでした。

 福田さんはオイトイテ(爆)
 麻生さんも、つまらん上げ足取りから始まって、まあどん底まで行きましたでしょうか。

 んで「小沢ミンス」の芽が見えてきそうだなー・・と思ったら、小沢バッシング。
 ま、突かれなかった今までの方が断然オカシー訳ですから。

 で、何やら「麻生内閣の支持率」が所によっては30パーセント超!とか?

 いやいや判らんもんです。

 秋田の知事戦も自民推薦候補が当選ですしね。

 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090413/stt0904131131000-n1.htm

 麻生総理の「とてつもない日本」もここへきてぐんと売り上げを伸ばしているという話ですしね。

 http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080906/trd0809062326015-n1.htm


 確かに、現ミンスでは到底政権を渡すなんて次元じゃないと思うんですよね。
 何やら「村山・河野」に続く大問題が起きそうな気がしてしまうんですよ。

 ただねぇ、「ここらで政権交代の大危機感をもって臨まなくては、国民の悲願とも言うべき霞ヶ関の大掃除は、チト難しい・・。」という屋山太郎氏の話もありましたしねぇ・・。
 いずれにしても、次の衆議院選挙の行方は、今や混沌の様相を呈して来ている事は確かなようです。

 ちょっと前までは、いやーな印象の記事になっていたはずの「麻生さんのザックバランぶり」も、最近の記事では妙に好意的、サンケイですが。

 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090413/plc0904131515001-n1.htm

 どうしますかぁ?次の選挙、五月だって話ですが・・・。
 私の地域ミンスが強いんですよ。

 しかし 痛し痒し ・・なんだよなー。


【2009/04/13 18:51】 | 時事
トラックバック(0) |

No title
duca-me
なんとか9月まで頑張ってほしいもんですが…(爆)>選挙
麻生君がやっってきたことはかなりなもんなんですが、それをちゃんと報道しないマスコミが許せないですね(怒)

No title
シンケン
鈴木宗男衆院議員の高橋元秘書に関する発言


「私は、この西松事件ですね、大久保さんは捕まりましたね。
大久保さんという秘書がどの程度のものなのか。
われわれ政治家や秘書仲間はよく知っているのです。
大久保さんははっきり言って力がないし、(笑い)、
ゼネコンの人が相手にしている秘書じゃないですよ。
これだけ、覚えておいて下さい。
(年間)2500万円の西松の政治団体から
小沢さんの所に入るという枠組みを作ったのは、
高橋嘉信という大久保さんの前の秘書ですよ。」


テレビ東京の番組で田原総一郎がテレビ局に、
同じ小沢氏の元秘書である
高橋嘉信元衆院議員(現在は小沢氏と仲違いし、
岩手4区で自民候補として出馬予定)が事情聴取を受けたとき、
メディアは何も報じない、
石川氏と高橋嘉信氏は元秘書という同じ立場にあるにもかかわらず、
なぜ新聞やメディアは報じないのかを、
報道関係者に「なぜ書かないのか」と聞いたら、
すると、「圧力がかかったからだ」と言う。
私が重ねて「そんなことで検察の言うことをきくのか」とたずねると、「きく」という。
なぜなら、検察の言うことをきかなければ、
記者は一切情報がもらえないからだから書かない。
新聞やテレビは検察に「書け」と言われれば書き、
「書くな」と言われれば書かないと証言をしたそうです。


どっちにしてもマスコミに流されないようにしないと、
郵政民営化の時みたいに「電通に」洗脳されないように、
気をつけないといけないと思います。


ちなみに踊らされませんでした。


このまま自民党の独裁政権が続いても良いのでしょうか?
日本は民主主義の国で社会主義国家や共産主義国家や、
ミャンマーみたいに軍事政権国家ではないはずです。

No title
シンケン
二階派              838万円
二階俊博(経産相)         30万円
尾身幸次(元財務相)      2080万円
加藤紘一(元幹事長)      1400万円
藤井孝男(元運輸相)       600万円
森 喜朗(元首相)        500万円
藤野公孝(元参議院議員)     400万円
山口俊一(首相補佐官)      200万円
加納時男(国交副大臣)      200万円
川崎二郎(元厚労相)       140万円
山本公一(元総務副大臣)     114万円
林 幹雄(前国家公安委員長)    100万円
古賀 誠(元幹事長)        16万円
渡辺具能(元国交副大臣)      14万円
中島直人(参議院・自民党)   200万円
桜井 新(参議院・自民党)   100万円
自民党・伊吹派


平成研究会 「自民党・橋本派・津島派」90万円
新財政研究会「自民党・堀内派」    30万円
宏池会   「自民党・小里グループ」 28万円


上野公成(元官房副長官) 1億5000万円
岩永峯一(元農相)      6000万円


森 喜朗は石川県出身


松はダミーの政治団体「新政治問題研究会」(06年解散)を使って、
02~05年の4年間に森の資金管理団体「春風会」に
計500万円を支出していた。この時期の西松の受注実績を調べると、
興味深い事実が浮かび上がる。


西松建設が受注した主な北陸新幹線工事


入札時期     工事名             請負代金
00年3月 飯山トンネル・東菅沼工区     39億4000万円
02年1月 松ノ木トンネル・西工区(1期)  39億3000万円
03年3月 第1黒部トンネル         35億4000万円
04年11月 松ノ木トンネル・西工区(2期) 13億9500万円
08年8月 小布施高架橋           19億円
08年10月 富山水橋田伏高架橋       28億5600万円


森は北陸新幹線に思い入れがある。
00年末に政府・与党は、フル規格での建設を決めたが、当時の首相は森だ。
赤字がささやかれていただけに、
当時の野中広務幹事長すら「“我田引鉄”だ」と非難した。
「故郷・石川までの新幹線開通が森氏の悲願です。
首相を離れた後も、熱心に活動し、その成果を地元でアピールしてきた。
09年度予算案では、
初めて1000億円を超える建設費が北幹に盛り込まれました」
(政界関係者)


自民党の資金の流れ
http://www.kyudan.com/opinion/sikin.htm


銀行協会は選挙の度に自民党に150億円、
250億円と選挙資金を貸し出します。
自民党の本当の資金源は実は銀行なのです。 
年兆円もの税金を投入して救わなくてはならないのは当然で、
大変にお世話になっている協会なのです。 
貸し出した事は事実として公表されますが、
返金したと言う事は聞いたことが無い。 
税金から返しているのでしょうか、
各省庁で隠している○○機密費から返しているのでしょうか。
不思議な話です。 


色々な業界団体が資金を集め、自民党に献金してます。
小口での集金は60億円程度で計100億円が自民党に流れていきます。 
これらのお金はほとんどが票につながる資金として消えてゆきます。

このお金は非課税ですので税務署は怖くありません、
支出は不明確で領収書さえあれば
それが何の支出でも全く問題ありません。
国会議員が受け取ったこれらの金は何に費消されたのか、
国会議員の資金管理団体に一切報告されていません。


自民党議員からの上納金は、派閥のボスに、
さらにその上の親分である幹事長のところに集められます。 
幹事長は盆暮れに各議員に500万円程度分配します。 
また選挙があるような場合は2000万円程度をばらまきます。 
幹事長の甘みはそこにあり、
大臣などよりはるかに大きな資金にありつけるのです。


1部記事から。


東京地検、小沢代表の秘書を起訴 ほかの政治家はどうなった!
http://www.data-max.co.jp/2009/03/post_5000.html


西松献金事件 検察と大手マスコミへ
http://www.data-max.co.jp/2009/03/post_4875.html


自民党側も公平に捜査をするべきですし、
金額が大きいとか小さいとかは関係ありませんし、
悪いことしたなら自民党側も全員捜査をするべきです。


スーパーで1万円の物を万引きしても、
自民党議員や自民党秘書だから警察に通報はしないが、
50円の物を万引きしたら、
民主党議員と民主党秘書は警察に通報するといっているのと同じです。


まあこの日本に正義を求める方が間違っているのかもしれませんね。


そしてリークもとはW不倫の鴻池官房副長官で、
ラブホテル代わりに参院議員宿舎で、
元キャリア官僚女性と不倫をしていました。

No title
シンケン
追加経済対策15兆円に 国債発行大幅増の旧態然
http://www.data-max.co.jp/2009/04/0915.html


政府・与党、野党民主党それぞれの
経済対策額が揃った形となったが、
相変わらず「借金」に頼り、
次代への負担ばかりを増やすという手法には賛成できない。
民主党案の財源に不透明感はぬぐえないが、
借金を増やさずに経済対策を
実施するとする方向性は評価に値する。

借金→バラマキ→利権がらみの汚職→政治不信
→生活・将来への不安増大、
という悪循環に陥った現在の
日本の姿を直視すべきである。
なにより、借金を払うのは
次代を担う世代であることを忘れてはならない。


1部記事から。


政府・与党VS民主、経済対策の違いは? 同じバラマキなら財源に注目!
http://www.data-max.co.jp/2009/04/vs_9.html


民主党は21兆円あまりの金を次のような手法でひねり出すとしている。
 ・天下り廃止等による公共調達のコスト削減
 ・独法・特殊法人の原則禁止
 ・国家公務員の総人件費削減
 ・直轄公共事業の見直し
 ・個別補助金の原則禁止、一括交付金化
つまり、「国債」は発行しないということになる。


一方、政府・与党は08年度予算の一部(予備費)と
埋蔵金で約4兆円、11兆円は「赤字国債」と
「建設国債」を発行すると明示した。
つまり大半を「借金」でまかなうというものである。
財政法4条に基づく建設国債は、
その目的が道路整備などのインフラ整備に限られ、
次世代に財産として残る
(もちろん無駄なものは造らないという前提だが)。
しかし、赤字国債は財政赤字(歳入の不足)を
穴埋めするためのものでしかない。


純然たる借金であり、その払いは次世代に回される。
今回の補正予算が成立すれば、
09年度の新規国債発行額(建設・赤字両方を含む)は
40兆円を突破し、過去最大となる。
1,000兆円とも言われる借金をこれ以上増やして、
次世代の人たちはだまってそれを払うのだろうか。
少子高齢化社会という現実を考えれば、
少ない人数に社会保障を支えさせ、
借金まで支払わせる国家に対し、
誇りが持てるとは思えない。
だから「赤字国債」は許されない。
自民・公明が「金を配れば支持率が上がる」と
考えているのなら、それは亡国の思想である。


もし民主党の中に「赤字国債もやむなし」
という考え方の政治家がいるのなら、
即座に自民党に移った方がいい。
中途半端な気持ちではこの国は変わらないからだ。
政権交代を望む大多数の有権者は、将来への希望を持ちたくて
「自民ではダメだ」といっているはず。
政治や国の仕組みを変えなければいけないといっているのに、
旧態然の「借金」ではますます状況を悪化させるだろう。
民主党には、借金をせずにどう経済を立て直し、
未来への展望を切り拓くかが問われている。


将来に展望を持ち得ない国家、
夢を語れない国民に発展はない。
政府・与党のバラマキ策に乗るようでは、
有権者にもダメ出しせねばならないが・・・。


1部記事から。


未来の子供達に借金で苦しめる政策は止めた方が良いと思います。


整備新幹線や高速道路などを作るときに、
地方自治体が3分の1のお金を負担しますが、
このお金が天下りのゴミども「税金泥棒」の、
給料や退職金になる仕組みですので、
政権交代が起こると困る人達が政権交代潰しをしていると思っています。

あと維持管理費も金額だけが書いてあっていつまで払えとなっているそうです。
これも天下り、渡りの給料や退職金になります。


天下りは悪だと思っていますし、
日本も政権交代して変わることに意味があると思います。


No title
おやじ
カメさん、シンケンさん、(相変わらず勉強されていますね。)ありがとうございます。
政治は金がかかります、日本は個人献金はまだ早いんでしょうね。
私はしたいと思っておりますが・・・。
それこそが「国民の負託を受ける」という事につながり、国民一人一人が「国家」を考え、馬鹿なマスコミに踊らされず、狡猾な官僚に騙されない「国民主権民主主義」につながると思います。

もう一つ、今回の十五兆円の経済発動ですが、国家財政のうちの大半を官僚が握っていて、尚且つ「隠し銭」があるとういう現実を根底からひっくり返せば、国債発行しなくてもいいとは思いますが、その道のりが一番厳しくて、大変ですので、「同時進行」の感覚でやるしかないでしょうし、必要だと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
なんとか9月まで頑張ってほしいもんですが…(爆)>選挙
麻生君がやっってきたことはかなりなもんなんですが、それをちゃんと報道しないマスコミが許せないですね(怒)
2009/04/13(Mon) 23:36 | URL  | duca-me #-[ 編集]
No title
鈴木宗男衆院議員の高橋元秘書に関する発言


「私は、この西松事件ですね、大久保さんは捕まりましたね。
大久保さんという秘書がどの程度のものなのか。
われわれ政治家や秘書仲間はよく知っているのです。
大久保さんははっきり言って力がないし、(笑い)、
ゼネコンの人が相手にしている秘書じゃないですよ。
これだけ、覚えておいて下さい。
(年間)2500万円の西松の政治団体から
小沢さんの所に入るという枠組みを作ったのは、
高橋嘉信という大久保さんの前の秘書ですよ。」


テレビ東京の番組で田原総一郎がテレビ局に、
同じ小沢氏の元秘書である
高橋嘉信元衆院議員(現在は小沢氏と仲違いし、
岩手4区で自民候補として出馬予定)が事情聴取を受けたとき、
メディアは何も報じない、
石川氏と高橋嘉信氏は元秘書という同じ立場にあるにもかかわらず、
なぜ新聞やメディアは報じないのかを、
報道関係者に「なぜ書かないのか」と聞いたら、
すると、「圧力がかかったからだ」と言う。
私が重ねて「そんなことで検察の言うことをきくのか」とたずねると、「きく」という。
なぜなら、検察の言うことをきかなければ、
記者は一切情報がもらえないからだから書かない。
新聞やテレビは検察に「書け」と言われれば書き、
「書くな」と言われれば書かないと証言をしたそうです。


どっちにしてもマスコミに流されないようにしないと、
郵政民営化の時みたいに「電通に」洗脳されないように、
気をつけないといけないと思います。


ちなみに踊らされませんでした。


このまま自民党の独裁政権が続いても良いのでしょうか?
日本は民主主義の国で社会主義国家や共産主義国家や、
ミャンマーみたいに軍事政権国家ではないはずです。
2009/04/14(Tue) 19:43 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
No title
二階派              838万円
二階俊博(経産相)         30万円
尾身幸次(元財務相)      2080万円
加藤紘一(元幹事長)      1400万円
藤井孝男(元運輸相)       600万円
森 喜朗(元首相)        500万円
藤野公孝(元参議院議員)     400万円
山口俊一(首相補佐官)      200万円
加納時男(国交副大臣)      200万円
川崎二郎(元厚労相)       140万円
山本公一(元総務副大臣)     114万円
林 幹雄(前国家公安委員長)    100万円
古賀 誠(元幹事長)        16万円
渡辺具能(元国交副大臣)      14万円
中島直人(参議院・自民党)   200万円
桜井 新(参議院・自民党)   100万円
自民党・伊吹派


平成研究会 「自民党・橋本派・津島派」90万円
新財政研究会「自民党・堀内派」    30万円
宏池会   「自民党・小里グループ」 28万円


上野公成(元官房副長官) 1億5000万円
岩永峯一(元農相)      6000万円


森 喜朗は石川県出身


松はダミーの政治団体「新政治問題研究会」(06年解散)を使って、
02~05年の4年間に森の資金管理団体「春風会」に
計500万円を支出していた。この時期の西松の受注実績を調べると、
興味深い事実が浮かび上がる。


西松建設が受注した主な北陸新幹線工事


入札時期     工事名             請負代金
00年3月 飯山トンネル・東菅沼工区     39億4000万円
02年1月 松ノ木トンネル・西工区(1期)  39億3000万円
03年3月 第1黒部トンネル         35億4000万円
04年11月 松ノ木トンネル・西工区(2期) 13億9500万円
08年8月 小布施高架橋           19億円
08年10月 富山水橋田伏高架橋       28億5600万円


森は北陸新幹線に思い入れがある。
00年末に政府・与党は、フル規格での建設を決めたが、当時の首相は森だ。
赤字がささやかれていただけに、
当時の野中広務幹事長すら「“我田引鉄”だ」と非難した。
「故郷・石川までの新幹線開通が森氏の悲願です。
首相を離れた後も、熱心に活動し、その成果を地元でアピールしてきた。
09年度予算案では、
初めて1000億円を超える建設費が北幹に盛り込まれました」
(政界関係者)


自民党の資金の流れ
http://www.kyudan.com/opinion/sikin.htm


銀行協会は選挙の度に自民党に150億円、
250億円と選挙資金を貸し出します。
自民党の本当の資金源は実は銀行なのです。 
年兆円もの税金を投入して救わなくてはならないのは当然で、
大変にお世話になっている協会なのです。 
貸し出した事は事実として公表されますが、
返金したと言う事は聞いたことが無い。 
税金から返しているのでしょうか、
各省庁で隠している○○機密費から返しているのでしょうか。
不思議な話です。 


色々な業界団体が資金を集め、自民党に献金してます。
小口での集金は60億円程度で計100億円が自民党に流れていきます。 
これらのお金はほとんどが票につながる資金として消えてゆきます。

このお金は非課税ですので税務署は怖くありません、
支出は不明確で領収書さえあれば
それが何の支出でも全く問題ありません。
国会議員が受け取ったこれらの金は何に費消されたのか、
国会議員の資金管理団体に一切報告されていません。


自民党議員からの上納金は、派閥のボスに、
さらにその上の親分である幹事長のところに集められます。 
幹事長は盆暮れに各議員に500万円程度分配します。 
また選挙があるような場合は2000万円程度をばらまきます。 
幹事長の甘みはそこにあり、
大臣などよりはるかに大きな資金にありつけるのです。


1部記事から。


東京地検、小沢代表の秘書を起訴 ほかの政治家はどうなった!
http://www.data-max.co.jp/2009/03/post_5000.html


西松献金事件 検察と大手マスコミへ
http://www.data-max.co.jp/2009/03/post_4875.html


自民党側も公平に捜査をするべきですし、
金額が大きいとか小さいとかは関係ありませんし、
悪いことしたなら自民党側も全員捜査をするべきです。


スーパーで1万円の物を万引きしても、
自民党議員や自民党秘書だから警察に通報はしないが、
50円の物を万引きしたら、
民主党議員と民主党秘書は警察に通報するといっているのと同じです。


まあこの日本に正義を求める方が間違っているのかもしれませんね。


そしてリークもとはW不倫の鴻池官房副長官で、
ラブホテル代わりに参院議員宿舎で、
元キャリア官僚女性と不倫をしていました。
2009/04/14(Tue) 19:46 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
No title
追加経済対策15兆円に 国債発行大幅増の旧態然
http://www.data-max.co.jp/2009/04/0915.html


政府・与党、野党民主党それぞれの
経済対策額が揃った形となったが、
相変わらず「借金」に頼り、
次代への負担ばかりを増やすという手法には賛成できない。
民主党案の財源に不透明感はぬぐえないが、
借金を増やさずに経済対策を
実施するとする方向性は評価に値する。

借金→バラマキ→利権がらみの汚職→政治不信
→生活・将来への不安増大、
という悪循環に陥った現在の
日本の姿を直視すべきである。
なにより、借金を払うのは
次代を担う世代であることを忘れてはならない。


1部記事から。


政府・与党VS民主、経済対策の違いは? 同じバラマキなら財源に注目!
http://www.data-max.co.jp/2009/04/vs_9.html


民主党は21兆円あまりの金を次のような手法でひねり出すとしている。
 ・天下り廃止等による公共調達のコスト削減
 ・独法・特殊法人の原則禁止
 ・国家公務員の総人件費削減
 ・直轄公共事業の見直し
 ・個別補助金の原則禁止、一括交付金化
つまり、「国債」は発行しないということになる。


一方、政府・与党は08年度予算の一部(予備費)と
埋蔵金で約4兆円、11兆円は「赤字国債」と
「建設国債」を発行すると明示した。
つまり大半を「借金」でまかなうというものである。
財政法4条に基づく建設国債は、
その目的が道路整備などのインフラ整備に限られ、
次世代に財産として残る
(もちろん無駄なものは造らないという前提だが)。
しかし、赤字国債は財政赤字(歳入の不足)を
穴埋めするためのものでしかない。


純然たる借金であり、その払いは次世代に回される。
今回の補正予算が成立すれば、
09年度の新規国債発行額(建設・赤字両方を含む)は
40兆円を突破し、過去最大となる。
1,000兆円とも言われる借金をこれ以上増やして、
次世代の人たちはだまってそれを払うのだろうか。
少子高齢化社会という現実を考えれば、
少ない人数に社会保障を支えさせ、
借金まで支払わせる国家に対し、
誇りが持てるとは思えない。
だから「赤字国債」は許されない。
自民・公明が「金を配れば支持率が上がる」と
考えているのなら、それは亡国の思想である。


もし民主党の中に「赤字国債もやむなし」
という考え方の政治家がいるのなら、
即座に自民党に移った方がいい。
中途半端な気持ちではこの国は変わらないからだ。
政権交代を望む大多数の有権者は、将来への希望を持ちたくて
「自民ではダメだ」といっているはず。
政治や国の仕組みを変えなければいけないといっているのに、
旧態然の「借金」ではますます状況を悪化させるだろう。
民主党には、借金をせずにどう経済を立て直し、
未来への展望を切り拓くかが問われている。


将来に展望を持ち得ない国家、
夢を語れない国民に発展はない。
政府・与党のバラマキ策に乗るようでは、
有権者にもダメ出しせねばならないが・・・。


1部記事から。


未来の子供達に借金で苦しめる政策は止めた方が良いと思います。


整備新幹線や高速道路などを作るときに、
地方自治体が3分の1のお金を負担しますが、
このお金が天下りのゴミども「税金泥棒」の、
給料や退職金になる仕組みですので、
政権交代が起こると困る人達が政権交代潰しをしていると思っています。

あと維持管理費も金額だけが書いてあっていつまで払えとなっているそうです。
これも天下り、渡りの給料や退職金になります。


天下りは悪だと思っていますし、
日本も政権交代して変わることに意味があると思います。
2009/04/14(Tue) 19:58 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
No title
カメさん、シンケンさん、(相変わらず勉強されていますね。)ありがとうございます。
政治は金がかかります、日本は個人献金はまだ早いんでしょうね。
私はしたいと思っておりますが・・・。
それこそが「国民の負託を受ける」という事につながり、国民一人一人が「国家」を考え、馬鹿なマスコミに踊らされず、狡猾な官僚に騙されない「国民主権民主主義」につながると思います。

もう一つ、今回の十五兆円の経済発動ですが、国家財政のうちの大半を官僚が握っていて、尚且つ「隠し銭」があるとういう現実を根底からひっくり返せば、国債発行しなくてもいいとは思いますが、その道のりが一番厳しくて、大変ですので、「同時進行」の感覚でやるしかないでしょうし、必要だと思います。
2009/04/15(Wed) 10:25 | URL  | おやじ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック