FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 「小手先の事業仕分けに熱中している暇はない。」

 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091125/plc0911250257002-n1.htm

 この事業仕分けだけが民主党の支持率をあんまり下げない要因になっているご様子で・・・。

 ほか、やっていることはすべてが「調整不足」で後手後手。

 この後手後手が株価低迷の原因なんでしょうな。

 倹約ばっかり有無を言わさずガンガンやったって、大事な経済対策をガンガンやらなくちゃダメですよね。

 世界一の預貯金高を誇る個人資産を有する日本経済が、いくら民主党がヘタレだとしても、どうして長々と低迷なのか不思議でなりません。
 確かに「投資」というのは日本人のメンタリティーには合わないんでしょうか?
 郵貯300兆円を見ても判るように、日本人は投資より貯金なんですね。
 低利で何年続けてもこういう実情です。

 で、小泉・竹中の郵政民営化で危うくなったその300兆円を、今度は亀井が握り、国内向けに活用しよう・・ってんですかね?

 うまく行けば、相当な効果は望めそうですが・・・?

 しかし、その300兆円なんてなかったことにして、その分の国債を日銀に買い取ってもらおう・・ってのは何でダメなんでしょうか?
 諸外国は「その手」で、金融危機から脱出しているんでしょう?

 誰か教えてください。

【2009/11/25 08:35】 | 時事
トラックバック(0) |


大和
経済と株の低迷は、日銀政策の誤りと文科省のデタラメ政策が原因です。
事業仕分け大賛成です。
文科省官僚が計画した事業は、全て廃止しましょう!
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることでしょう。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人という現実こそ、文科省官僚の無能と腐敗を明らかにしています。
文科省は、国民を不幸にする悪性癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。絶対許せません。
不道徳で無責任で腐敗した官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
文科省を事業仕分けで廃止すべきです。



duca-me
一番わかりやすいのは、
・各国:国債を発行してでも公共事業を実施&全国民にばら撒きを実施
・日本:国主導で予算削って公共事業縮小&全国民から徴税(諸手当廃止など)&海外に大量にばら撒き

こんなことしてたら財政破綻するのは目に見えてます(爆)>だから投資家が資金を引き上げてる


ヤマ親爺
大和さん(良いお名前です)
文科省が日教組とずぶずぶになったあたりからいろんな問題が(ゆとりとかいじめとか)発生しているようですね。
高潔な意識から驕りの意識へ転換しちゃったのね。

かめさん
やっぱりそこなんですよね、誰かが解っているんでしょうが、誰かがバカで抵抗してんでしょうね。(財務省とかですか、あ、日銀もか)


よね
現在、株価が下がっている国は、世界で
日本とアイスランドだけ。
日本は、鳩山さんと藤井さんへの
市場の「No!」のサインと思われます。

バブル後(デフレ中)の場合、
財政緊縮はやってはダメなようです。

企業は、金が入ると、設備投資にまわさず、
負債返済を行ないます。(不良債権処理)
企業に仕事が減り、景気が悪くなるから
個人は消費を減らし貯蓄に走る、と。
デフレ・スパイラルです。

通常時は、国債の発行は、市場に回っている
お金を減らすので、必要最小限が良い。
しかし、デフレ時は、国債を刷って、
市場にお金がまわるようにしないと
いけないようですね。
この局面で、財政再建・緊縮財政路線に
走ると、税収が減り、かえって国の
借金が増える。
橋本内閣、小泉内閣、鳩山内閣が、
この罠にはまったようです。

国債増発、日銀引き受け戦略はあり。
そう唱える経済家はいます。


ヤマ親爺
おぉよねさん、ありがとうございます。
やっぱりそうですよね。
預貯金にまわされて市場に出回らなければ、それは無い事にして、国債増刷・日銀買取で、呼び水的に市場に出すとか、昔やったみたいに一人雇用すると500万円ぐらい三年間にわたって企業に補助する・・なんていう政策やれば、一気に投資家は日本買いに動きますよね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
経済と株の低迷は、日銀政策の誤りと文科省のデタラメ政策が原因です。
事業仕分け大賛成です。
文科省官僚が計画した事業は、全て廃止しましょう!
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることでしょう。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人という現実こそ、文科省官僚の無能と腐敗を明らかにしています。
文科省は、国民を不幸にする悪性癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。絶対許せません。
不道徳で無責任で腐敗した官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
文科省を事業仕分けで廃止すべきです。
2009/11/25(Wed) 11:11 | URL  | 大和 #mQop/nM.[ 編集]
一番わかりやすいのは、
・各国:国債を発行してでも公共事業を実施&全国民にばら撒きを実施
・日本:国主導で予算削って公共事業縮小&全国民から徴税(諸手当廃止など)&海外に大量にばら撒き

こんなことしてたら財政破綻するのは目に見えてます(爆)>だから投資家が資金を引き上げてる
2009/11/25(Wed) 12:51 | URL  | duca-me #-[ 編集]
大和さん(良いお名前です)
文科省が日教組とずぶずぶになったあたりからいろんな問題が(ゆとりとかいじめとか)発生しているようですね。
高潔な意識から驕りの意識へ転換しちゃったのね。

かめさん
やっぱりそこなんですよね、誰かが解っているんでしょうが、誰かがバカで抵抗してんでしょうね。(財務省とかですか、あ、日銀もか)
2009/11/25(Wed) 14:33 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
現在、株価が下がっている国は、世界で
日本とアイスランドだけ。
日本は、鳩山さんと藤井さんへの
市場の「No!」のサインと思われます。

バブル後(デフレ中)の場合、
財政緊縮はやってはダメなようです。

企業は、金が入ると、設備投資にまわさず、
負債返済を行ないます。(不良債権処理)
企業に仕事が減り、景気が悪くなるから
個人は消費を減らし貯蓄に走る、と。
デフレ・スパイラルです。

通常時は、国債の発行は、市場に回っている
お金を減らすので、必要最小限が良い。
しかし、デフレ時は、国債を刷って、
市場にお金がまわるようにしないと
いけないようですね。
この局面で、財政再建・緊縮財政路線に
走ると、税収が減り、かえって国の
借金が増える。
橋本内閣、小泉内閣、鳩山内閣が、
この罠にはまったようです。

国債増発、日銀引き受け戦略はあり。
そう唱える経済家はいます。
2009/11/25(Wed) 15:38 | URL  | よね #/qJiaeFs[ 編集]
おぉよねさん、ありがとうございます。
やっぱりそうですよね。
預貯金にまわされて市場に出回らなければ、それは無い事にして、国債増刷・日銀買取で、呼び水的に市場に出すとか、昔やったみたいに一人雇用すると500万円ぐらい三年間にわたって企業に補助する・・なんていう政策やれば、一気に投資家は日本買いに動きますよね。
2009/11/25(Wed) 16:55 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック