FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 「蓮舫ちゃんはやりすぎだね」

 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091127/plc0911271206010-n1.htm

 私もそう思うけど、蓮舫は民主党では数少ない外国人参政権付与に対しては慎重派だからねぇ。
 あんまり悪くは言いたくないです。
 あの生意気さはずっと前から各界公認済みだし・・。

 もちっとフワッとして、フニャッとすれば良い女なんだろうけど、今は燃えています!って雰囲気で、近寄りがたいんですな。

 しかしその辺に居るはずの我が地域の菊田真紀子氏はどうした?
 なかなかかっこいいとこを見せてくれないではないか!
 
 ツーショット見つけた。
ren

 こんなんも。
ren


【2009/11/27 13:17】 | 反民主
トラックバック(0) |


duca-me
仕分けを自分の価値観だけでやってるからこうなるんです(爆)>影響やら本意やらを考慮して判断しなきゃ


万年係長の地方公務員
確かに、やり過ぎかも。
官僚たちも、たじたじでしたね。(汗)
でも、概算要求の全体額や800円に上る国の借金は、誰が負担してくれんでしょうか。
我が家の子供たちが成人した時に、暮らしぶりが良くなっていれば、良いのですが、、、。


ヤマ親爺
ヤマ親爺
かめさん、万年さん、ありがとうございます。
概算予算請求の調整行為ですから、マクロ経済から見れば大きな意味はないんですね。
ただ、公開したと言うところがすごく良かったんですが、パフォーマンス的になっちゃったのがあんまりうまくないのと、官僚バッシングの空気がすごく感じられますね。
空気でやっちゃイカンですよ。
やらにゃならんのは「合法的な収奪」に成り下がっている物の切捨て、これに尽きます。
プライマリーバランスの構築は現時点で考えたら逆効果です。
一旦大幅な景気対策を施して成功させ、緩やかに軌道修正するしかありません。
そのためには、国債発行により、見たこともないような財政出動をしないとどうにもなりません。
借金はインフレによる価値低下に頼らざるを得ないと思います。(800兆が1000兆になろうとも大して違いません)
官僚側には「自浄能力」の復活が必須です。
万年さんのようにまじめにやっていらっしゃる方々に申し訳ないと思わなきゃダメですよね。
ブログ拝見させていただきました。
勉強させてください。


シンケン
[外務省] 外交官の「ベラボー手当」、「見直し」じゃ甘い!今すぐ削るべし


見直し判定じゃ、手ぬる過ぎるんじゃないか。
事業仕分けで俎上に載せられた外務省の「在外公館の維持・運営に関する経費」。
全員一致で「見直し」に決まったが、
1211億5200万円もの予算が要求されていた。いったい何に使うのか。
「大使館などの在外公館に関する経費で、諸々手当なども含みます」
(外務省会計課)


木で鼻をくくったような説明だが、
これには在外公館のテニスコートやプールの設備費なども含まれている。
そんなものに予算をつける必要はないから、バッサリ削減すればいい。


元レバノン大使の天木直人氏も、こう言う。
「これまで国民の目が届かなかった外務省のムダな経費が白日の下にさらされたのは、
大きな一歩だと思います。しかし、見直しといっても、
政府としてキチッと数値目標を示し、
オンブズマンを置くなどしてその後の経過を監視していかないと、
結局ウヤムヤにされてしまう可能性がある。
したたかな外務官僚が、特権をみすみす手放すはずがないからです」


俗に「大使を3年やれば都心に豪邸が建つ」といわれる。
それほど、外交官の厚遇はベラボーだ。
「赴任先やキャリアによって差はありますが、
大使の基本給が150万円とすると、
非課税の在外勤務手当が別途100万円くらい付く。
さらに家族手当などの諸手当もテンコ盛り。
夫人が同行すれば、配偶者手当が一般サラリーマンの月給と同じくらいもらえます。
トータルでは年間4000万~5000万円になる。
しかも、これらはほとんど手付かずで、まるまる残るのです。
公邸に住み、専属のコックやメイドが付く大使は、生活費がほとんどかからない。
衣食住すべてを経費で賄う外交官もいて、
中にはため込んだ手当で家を何軒も買った者もいるほどです」
(外務省関係者)


特別待遇は大使だけではなく、ノンキャリアだって同じ。
在勤手当や住宅手当、家族手当で、国内勤務の3倍近い収入を得ているという。
諸手当で、せっせと蓄財に励んでいるのだ。
さらに、在外公館には“裏金”もある。


「01年の機密費問題以降は厳しくなりましたが、
領収書のいらない外交機密費は、いろんな用途に使える。
パーティーや外交官夫人の食事会は、もちろん機密費からの支出。
美術品を買ったり、高価なワインを買い込む外交官もいますよ。
機密費をプールして、組織ぐるみで裏金をつくっている在外公館もあります」
(外務省関係者=前出)


国民の税金をむさぼって私腹を肥やすだけの外交官こそ、ムダの極み。
「在外公館の維持・運営に関する経費」なんて半減でもいいくらいだ。


ネットから。


悔しかったら外交官になって税金の無駄使いしてみろ!と
輩からは言われたらおしまいですけどね。


[事業仕分け] 天下り法人<理化学研究所>と巨額スパコン利権


科学のためなら許されるのか!


科学者や大マスコミから猛烈批判を浴びている「スパコン凍結」問題。
鳩山首相はきのう(26日)、
ノーベル賞受賞者の野依良治(のより・りょうじ)氏らと会談し、
「自分も理工系だ」「科学技術は重要だ」と
予算削減の見直しも言い出したが、早合点は困る。
最新技術の足元で、
旧態依然の“壮大なムダ”が垂れ流されているのを首相は知っているのか。


日本が世界一を目指す次世代スパコン開発は、
総額1154億円の巨大プロジェクトだ。
統括しているのは、文科省所管の独立行政法人「理化学研究所」(以下、理研)。
「歴史の法廷に立つ覚悟はあるのか」と仕分け人を非難した野依氏は、
そのトップ、理事長を務めている。
実はこの理研という組織、
野依氏を含む役員8人のうち4人が
霞ヶ関官僚OBという典型的な天下り法人なのだ。


「役員名簿を見ると驚きます。
常勤役員の大熊健司氏と藤嶋信夫氏は科学技術庁出身。
常勤監事の桝田太三郎氏は農林省、廣川孝司氏は大蔵省OBです。
ほかは野依氏ら元国立大教授や、電機メーカー出身者で占められている。
給料は理事長が月最大121万円、理事99万円、
監事84万円といった具合です。
これはあくまで本給で、ほかに期末手当、地域手当など“お手盛り”もある。
年収は2000万円を超えているのではないか」
(霞ヶ関事情通)


理研の関係2法人にも、霞ヶ関官庁や理研からの天下りがズラリだ。
百歩譲って、本気で科学研究に励んでいるならいい。
だが、2500人を超える理研職員の中には、勘違いした連中がゾロゾロいる。


元理研職員A氏がこう告発する。
「理研の研究者は大学教授と比べると、至れり尽くせりです。
学生に講義をしなくていいし、研究費は国が潤沢に出してくれる。
給料もずっといい。官僚の天下りや出向組は課長クラスからいるが、
研究員は『役所とのパイプが太くなる』と喜んでいた。
派閥を気にしたり、役人の視察に右往左往したりと、
まるで政治家みたいな動きをしている人もいます。
金銭感覚もおかしくて、出張の飛行機はビジネスクラス。
“半官半民”なので、国民の監視の目は届かないのが問題です」


こういう体質だからか、
9月には主任研究員ら2人が研究用の物品を架空発注し、
1100万円を横領する事件も起こしている。


スパコンをめぐっては、こんな声もある。
「理研は07年にスパコンの設計開発を
NEC、日立、富士通の3社に共同発注しました。
これが随意契約だったばかりか、
スパコン開発のプロジェクトリーダーは文科省から理研に移った元NEC社員。
総費用のうち800億円は、開発費としてメーカーに割り当てられているため、
当初から疑問視されているのです」
(業界関係者)


ちなみに、スパコン開発には巨大なハコモノも付いてくる。
200億円超を投じて神戸市に建てたスパコン設置施設だ。
電気代だけで年間億単位ともいわれている。
人件費も含めるとベラボーな金額になる。
「科学」をタテに「何でも聖域化」は許されない。


ネットから。


でも日本の闇は奥が深いようです。
もっと世の中に甘い考えをしない厳しい教育が必要と思いますが。


ヤマ親爺
おくが深い闇の部分が「合法的な収奪システム」です。ここを掘り下げるにはかなりの力を持った第三者監査委員会を立ち上げる必要があります。
いまの仕分けチームの比ではないレベルです。
これも民主政権でないと出来ない仕事なのかもしれません。


duca-me
自分の考えていることを。

(1)事業仕分けは見出しごとカットしている。(例えば【スーパーコンピュータの研究開発】など)

(2)拠出金の削減が目的なら、見出しごとカットするのではなく、中身を精査し、個々の項目の無駄を洗い出すことが必要。

(3)よって、仕分け人はその事業目的や内容を理解している必要がある。

(4)しかし、現実には事業目的や内容がさっぱり分らない仕分け人が頓珍漢な質問をして、官僚が質問の意図を汲み取り、素人にも分るように説明しようとしているのに説明をさえぎり、結果、仕分け人が【満足する答えが得られない】として【カット】となっている。

(5)よって、各方面から不満が噴出し、理解が得られない状態になっている。

(6)ただ、国民の目には【官僚=悪】の結果ありきで報道がなされており、今の事業仕分けの負の部分が隠されている。

(7)しかしながら、あまりにも事業仕分けの負の部分が大きいため、隠しきれなくなったものが国民の前に出てきている。

結局、パフォーマンスでしかないですよね(-_-;)


ヤマ親爺
小泉流劇場型の形を変えた踏襲ですね。
で結局は、密室型の方が実質成果は出たと思います。
お互い邪魔者が居ない場所で懇々と膝詰めを行えば、3兆ぐらい行ったかもですよね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
仕分けを自分の価値観だけでやってるからこうなるんです(爆)>影響やら本意やらを考慮して判断しなきゃ
2009/11/28(Sat) 00:05 | URL  | duca-me #-[ 編集]
確かに、やり過ぎかも。
官僚たちも、たじたじでしたね。(汗)
でも、概算要求の全体額や800円に上る国の借金は、誰が負担してくれんでしょうか。
我が家の子供たちが成人した時に、暮らしぶりが良くなっていれば、良いのですが、、、。
2009/11/28(Sat) 02:43 | URL  | 万年係長の地方公務員 #w7E8CPEA[ 編集]
ヤマ親爺
かめさん、万年さん、ありがとうございます。
概算予算請求の調整行為ですから、マクロ経済から見れば大きな意味はないんですね。
ただ、公開したと言うところがすごく良かったんですが、パフォーマンス的になっちゃったのがあんまりうまくないのと、官僚バッシングの空気がすごく感じられますね。
空気でやっちゃイカンですよ。
やらにゃならんのは「合法的な収奪」に成り下がっている物の切捨て、これに尽きます。
プライマリーバランスの構築は現時点で考えたら逆効果です。
一旦大幅な景気対策を施して成功させ、緩やかに軌道修正するしかありません。
そのためには、国債発行により、見たこともないような財政出動をしないとどうにもなりません。
借金はインフレによる価値低下に頼らざるを得ないと思います。(800兆が1000兆になろうとも大して違いません)
官僚側には「自浄能力」の復活が必須です。
万年さんのようにまじめにやっていらっしゃる方々に申し訳ないと思わなきゃダメですよね。
ブログ拝見させていただきました。
勉強させてください。
2009/11/28(Sat) 09:06 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
[外務省] 外交官の「ベラボー手当」、「見直し」じゃ甘い!今すぐ削るべし


見直し判定じゃ、手ぬる過ぎるんじゃないか。
事業仕分けで俎上に載せられた外務省の「在外公館の維持・運営に関する経費」。
全員一致で「見直し」に決まったが、
1211億5200万円もの予算が要求されていた。いったい何に使うのか。
「大使館などの在外公館に関する経費で、諸々手当なども含みます」
(外務省会計課)


木で鼻をくくったような説明だが、
これには在外公館のテニスコートやプールの設備費なども含まれている。
そんなものに予算をつける必要はないから、バッサリ削減すればいい。


元レバノン大使の天木直人氏も、こう言う。
「これまで国民の目が届かなかった外務省のムダな経費が白日の下にさらされたのは、
大きな一歩だと思います。しかし、見直しといっても、
政府としてキチッと数値目標を示し、
オンブズマンを置くなどしてその後の経過を監視していかないと、
結局ウヤムヤにされてしまう可能性がある。
したたかな外務官僚が、特権をみすみす手放すはずがないからです」


俗に「大使を3年やれば都心に豪邸が建つ」といわれる。
それほど、外交官の厚遇はベラボーだ。
「赴任先やキャリアによって差はありますが、
大使の基本給が150万円とすると、
非課税の在外勤務手当が別途100万円くらい付く。
さらに家族手当などの諸手当もテンコ盛り。
夫人が同行すれば、配偶者手当が一般サラリーマンの月給と同じくらいもらえます。
トータルでは年間4000万~5000万円になる。
しかも、これらはほとんど手付かずで、まるまる残るのです。
公邸に住み、専属のコックやメイドが付く大使は、生活費がほとんどかからない。
衣食住すべてを経費で賄う外交官もいて、
中にはため込んだ手当で家を何軒も買った者もいるほどです」
(外務省関係者)


特別待遇は大使だけではなく、ノンキャリアだって同じ。
在勤手当や住宅手当、家族手当で、国内勤務の3倍近い収入を得ているという。
諸手当で、せっせと蓄財に励んでいるのだ。
さらに、在外公館には“裏金”もある。


「01年の機密費問題以降は厳しくなりましたが、
領収書のいらない外交機密費は、いろんな用途に使える。
パーティーや外交官夫人の食事会は、もちろん機密費からの支出。
美術品を買ったり、高価なワインを買い込む外交官もいますよ。
機密費をプールして、組織ぐるみで裏金をつくっている在外公館もあります」
(外務省関係者=前出)


国民の税金をむさぼって私腹を肥やすだけの外交官こそ、ムダの極み。
「在外公館の維持・運営に関する経費」なんて半減でもいいくらいだ。


ネットから。


悔しかったら外交官になって税金の無駄使いしてみろ!と
輩からは言われたらおしまいですけどね。


[事業仕分け] 天下り法人<理化学研究所>と巨額スパコン利権


科学のためなら許されるのか!


科学者や大マスコミから猛烈批判を浴びている「スパコン凍結」問題。
鳩山首相はきのう(26日)、
ノーベル賞受賞者の野依良治(のより・りょうじ)氏らと会談し、
「自分も理工系だ」「科学技術は重要だ」と
予算削減の見直しも言い出したが、早合点は困る。
最新技術の足元で、
旧態依然の“壮大なムダ”が垂れ流されているのを首相は知っているのか。


日本が世界一を目指す次世代スパコン開発は、
総額1154億円の巨大プロジェクトだ。
統括しているのは、文科省所管の独立行政法人「理化学研究所」(以下、理研)。
「歴史の法廷に立つ覚悟はあるのか」と仕分け人を非難した野依氏は、
そのトップ、理事長を務めている。
実はこの理研という組織、
野依氏を含む役員8人のうち4人が
霞ヶ関官僚OBという典型的な天下り法人なのだ。


「役員名簿を見ると驚きます。
常勤役員の大熊健司氏と藤嶋信夫氏は科学技術庁出身。
常勤監事の桝田太三郎氏は農林省、廣川孝司氏は大蔵省OBです。
ほかは野依氏ら元国立大教授や、電機メーカー出身者で占められている。
給料は理事長が月最大121万円、理事99万円、
監事84万円といった具合です。
これはあくまで本給で、ほかに期末手当、地域手当など“お手盛り”もある。
年収は2000万円を超えているのではないか」
(霞ヶ関事情通)


理研の関係2法人にも、霞ヶ関官庁や理研からの天下りがズラリだ。
百歩譲って、本気で科学研究に励んでいるならいい。
だが、2500人を超える理研職員の中には、勘違いした連中がゾロゾロいる。


元理研職員A氏がこう告発する。
「理研の研究者は大学教授と比べると、至れり尽くせりです。
学生に講義をしなくていいし、研究費は国が潤沢に出してくれる。
給料もずっといい。官僚の天下りや出向組は課長クラスからいるが、
研究員は『役所とのパイプが太くなる』と喜んでいた。
派閥を気にしたり、役人の視察に右往左往したりと、
まるで政治家みたいな動きをしている人もいます。
金銭感覚もおかしくて、出張の飛行機はビジネスクラス。
“半官半民”なので、国民の監視の目は届かないのが問題です」


こういう体質だからか、
9月には主任研究員ら2人が研究用の物品を架空発注し、
1100万円を横領する事件も起こしている。


スパコンをめぐっては、こんな声もある。
「理研は07年にスパコンの設計開発を
NEC、日立、富士通の3社に共同発注しました。
これが随意契約だったばかりか、
スパコン開発のプロジェクトリーダーは文科省から理研に移った元NEC社員。
総費用のうち800億円は、開発費としてメーカーに割り当てられているため、
当初から疑問視されているのです」
(業界関係者)


ちなみに、スパコン開発には巨大なハコモノも付いてくる。
200億円超を投じて神戸市に建てたスパコン設置施設だ。
電気代だけで年間億単位ともいわれている。
人件費も含めるとベラボーな金額になる。
「科学」をタテに「何でも聖域化」は許されない。


ネットから。


でも日本の闇は奥が深いようです。
もっと世の中に甘い考えをしない厳しい教育が必要と思いますが。
2009/11/28(Sat) 13:41 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
おくが深い闇の部分が「合法的な収奪システム」です。ここを掘り下げるにはかなりの力を持った第三者監査委員会を立ち上げる必要があります。
いまの仕分けチームの比ではないレベルです。
これも民主政権でないと出来ない仕事なのかもしれません。
2009/11/28(Sat) 15:16 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
自分の考えていることを。

(1)事業仕分けは見出しごとカットしている。(例えば【スーパーコンピュータの研究開発】など)

(2)拠出金の削減が目的なら、見出しごとカットするのではなく、中身を精査し、個々の項目の無駄を洗い出すことが必要。

(3)よって、仕分け人はその事業目的や内容を理解している必要がある。

(4)しかし、現実には事業目的や内容がさっぱり分らない仕分け人が頓珍漢な質問をして、官僚が質問の意図を汲み取り、素人にも分るように説明しようとしているのに説明をさえぎり、結果、仕分け人が【満足する答えが得られない】として【カット】となっている。

(5)よって、各方面から不満が噴出し、理解が得られない状態になっている。

(6)ただ、国民の目には【官僚=悪】の結果ありきで報道がなされており、今の事業仕分けの負の部分が隠されている。

(7)しかしながら、あまりにも事業仕分けの負の部分が大きいため、隠しきれなくなったものが国民の前に出てきている。

結局、パフォーマンスでしかないですよね(-_-;)
2009/11/29(Sun) 00:55 | URL  | duca-me #-[ 編集]
小泉流劇場型の形を変えた踏襲ですね。
で結局は、密室型の方が実質成果は出たと思います。
お互い邪魔者が居ない場所で懇々と膝詰めを行えば、3兆ぐらい行ったかもですよね。
2009/11/30(Mon) 07:59 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック