FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 色んな意見がある中でこの普天間基地のグアム移転はどうなんだろう?
 いくら後から基地周辺に住み着いた住民が多いとは言え、騒音被害に苦しんでいる人が多いのは事実だ。
 又安全保障上では、海兵隊の急襲揚陸部隊としての性質上から言えばグアムはマイナスなんだろうな。
 この極東の有事と言えば、間違いなく北朝鮮周辺と中国・台湾に限られれるもんね。

 政局から見た場合、もしも米国がこのグアム移転を飲んだ場合、現連立政権の快挙・・と国民の目に映るかも知れない。

 政権交代後、めぼしいものは中身は別として、とりあえず事業仕分けは脚光を浴びたがその他はまるで問題にならない酷い状態をのらりくらりと続けている。
 このまま来年度の予算成立まで揉め事が収まらずに行き、小沢・鳩山の献金疑惑もくすぶり続け、沖縄問題を発端にして連立が崩壊したりすれば次の選挙は民主党惨敗のシナリオも見えてくる。・・・と思ったのもつかの間、「米軍グアム移転」の快挙で、一気にマイナスをひっくり返す可能性がある。

 困ったもんだ。(-_-;)コマツタ・・

 普天間移設問題で首相「グアムも検討」 社民は歓迎
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091204/plc0912041102007-n1.htm

 このゴタゴタのまま行けばいいのに・・・と思ってしまう・・。iten

【2009/12/04 13:33】 | 沖縄
トラックバック(0) |


シンケン
日米合意で5年後に沖縄の海兵隊が、
グアムに移転することも決まっていて、
アメリカ議会でも現在予算の話し合いがされているそうです。


沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/


琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/


沖縄を知るには地元新聞が良いですよ。


佐賀空港か嘉手納基地との統合が良いのでしょうかね。


ヤマ親爺
シンケンさんありがとうございます。
なんかね、下らんかもしれませんが、民主党の手柄にさせたくないのよ。
安全保障は大事やけど、最終的には自主防衛の道を歩きたいのよね。
だけど民主や社民では米軍排除までは一緒でもその先無いもんね。


シンケン
フィリピンでは1992年にアジア最大といわれたスービック基地(米陸軍)と
クラーク基地(米空軍)を完全に撤去した後、
広大な土地の平和利用によって11万7千人もの雇用を創出し、
米軍基地雇用労働者の三倍の労働者を生み出し、
侵略されたという話は聞かないそうです。


「沖縄密約」訴訟 証人の元外務省局長が存在認める
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091201/trl0912011930011-n1.htm


シンケン
しつこくてすみません。


沖縄の普天間基地の海兵隊は、
日本が他国から攻められた時に守ってくれる部隊ではなく、
アメリカ軍の海兵隊は、ベトナム、イラク、アフガン、
他国を侵略するための部隊であって、指令系統がぜんぜん違うそうです。


31MEUは、最大四隻の強襲揚陸艦で出動し、
歩兵大隊、砲兵大隊混成の航空部隊及びサポートグループなどの
エレメントで構成されているため、
特にヘリ部隊の役割が大きく、
歩兵とヘリを分散化することは困難でありまとめてグアム移転。


「沖縄からグアムおよび北マリアナ・テニアンへの
海兵隊移転の環境影響評価/海外環境影響評価書ドラフト」を公開し、
「地上戦闘部隊」や「迫撃砲部隊」や「補給部隊」までもが
グアムに移転する部隊として明記されているそうです。


普天間基地のグァム移転の可能性について」
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2556/2581/2582/37840/37844.html


「普天間基地のグァム移転の可能性について」配布レジュメ
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/DAT/LIB/WEB/1/091126_mayor_5.pdf


「普天間基地のグァム移転の可能性について」プレゼンテーション資料
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/DAT/LIB/WEB/1/091126_mayor_4.pdf


ヤマ親爺
しんけんさん、しつこいとか思っていません。
自由で建設的な意見だと思いますよ。
 私は海兵隊が日本を守ってくれるとは全く思っていません。
そもそも海兵隊には守りの性質は無いですからね。
 しかし「日米安保」は日本を守ります。
 抑止力と言う形でね。
 ですから「日米合意」は、現時点ではプライオリティーな訳です。
 フィリピンが侵略されない大きな理由があります。
 「魅力の無い国」なんです。
 そこが日本と大きな違いです。
 もし非武装になって、島のひとつでも占拠されたら、それを解除するのに日本はお金を払わなきゃならないじゃないですか。
 そうでなきゃ指をくわえて見ているしかないんですよ。
 北方四島がいい例です。
 あれは、戦時中です。
 今平時でそれが起きているのが竹島です。
 尖閣諸島でも起きそうな気配です。

 一番大事なのは何だかお判りかと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
日米合意で5年後に沖縄の海兵隊が、
グアムに移転することも決まっていて、
アメリカ議会でも現在予算の話し合いがされているそうです。


沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/


琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/


沖縄を知るには地元新聞が良いですよ。


佐賀空港か嘉手納基地との統合が良いのでしょうかね。
2009/12/04(Fri) 19:17 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
シンケンさんありがとうございます。
なんかね、下らんかもしれませんが、民主党の手柄にさせたくないのよ。
安全保障は大事やけど、最終的には自主防衛の道を歩きたいのよね。
だけど民主や社民では米軍排除までは一緒でもその先無いもんね。
2009/12/04(Fri) 20:37 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
フィリピンでは1992年にアジア最大といわれたスービック基地(米陸軍)と
クラーク基地(米空軍)を完全に撤去した後、
広大な土地の平和利用によって11万7千人もの雇用を創出し、
米軍基地雇用労働者の三倍の労働者を生み出し、
侵略されたという話は聞かないそうです。


「沖縄密約」訴訟 証人の元外務省局長が存在認める
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091201/trl0912011930011-n1.htm
2009/12/04(Fri) 21:31 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
しつこくてすみません。


沖縄の普天間基地の海兵隊は、
日本が他国から攻められた時に守ってくれる部隊ではなく、
アメリカ軍の海兵隊は、ベトナム、イラク、アフガン、
他国を侵略するための部隊であって、指令系統がぜんぜん違うそうです。


31MEUは、最大四隻の強襲揚陸艦で出動し、
歩兵大隊、砲兵大隊混成の航空部隊及びサポートグループなどの
エレメントで構成されているため、
特にヘリ部隊の役割が大きく、
歩兵とヘリを分散化することは困難でありまとめてグアム移転。


「沖縄からグアムおよび北マリアナ・テニアンへの
海兵隊移転の環境影響評価/海外環境影響評価書ドラフト」を公開し、
「地上戦闘部隊」や「迫撃砲部隊」や「補給部隊」までもが
グアムに移転する部隊として明記されているそうです。


普天間基地のグァム移転の可能性について」
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2556/2581/2582/37840/37844.html


「普天間基地のグァム移転の可能性について」配布レジュメ
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/DAT/LIB/WEB/1/091126_mayor_5.pdf


「普天間基地のグァム移転の可能性について」プレゼンテーション資料
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/DAT/LIB/WEB/1/091126_mayor_4.pdf
2009/12/05(Sat) 13:04 | URL  | シンケン #6GgKOieI[ 編集]
しんけんさん、しつこいとか思っていません。
自由で建設的な意見だと思いますよ。
 私は海兵隊が日本を守ってくれるとは全く思っていません。
そもそも海兵隊には守りの性質は無いですからね。
 しかし「日米安保」は日本を守ります。
 抑止力と言う形でね。
 ですから「日米合意」は、現時点ではプライオリティーな訳です。
 フィリピンが侵略されない大きな理由があります。
 「魅力の無い国」なんです。
 そこが日本と大きな違いです。
 もし非武装になって、島のひとつでも占拠されたら、それを解除するのに日本はお金を払わなきゃならないじゃないですか。
 そうでなきゃ指をくわえて見ているしかないんですよ。
 北方四島がいい例です。
 あれは、戦時中です。
 今平時でそれが起きているのが竹島です。
 尖閣諸島でも起きそうな気配です。

 一番大事なのは何だかお判りかと思います。
2009/12/05(Sat) 15:29 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック